工作・おもちゃ関連

マシュマロスライムの作り方☆シェービングフォームでフワフワになるよ♪

今回の記事では、娘が大好きフワフワなマシュマロスライムの作り方をご紹介します!

スライムが好き過ぎて小学4年生の夏休み、自由研究のテーマとして選んだ程です。

作り方を紹介する前に、大事な注意点がありますので必ずお読みください!

マシュマロスライムを作るに当たっての注意点

スライムは食べられません!!

小さな乳幼児のいるご家庭では、スライムやスライムに使用する材料を誤飲誤食してしまうことのないように、充分に注意をして作って下さい。

使用する材料や完成したスライムは、お子様の手が届かない場所に保管するようにお願い致します。

スポンサーリンク


マシュマロスライムの材料&道具

<材料>

●ホウ砂水(水100mLに対してホウ砂4gで作ります)

●洗濯のり

●シェービングフォーム

●絵の具や水性ペン(スライムを着色するもの)

※必要に応じてラメなど。キラキラスライムが出来ます。

<道具>

●ボール

●キッチンスケール

●スプーン

マシュマロスライムの作り方★ポイントはシェービングフォーム!

マシュマロスライムは、普通のスライムと違ってフワフワ感があり弾力があります!

普通のスライム→ドロドロ、ペタペタくっ付く感じ

マシュマロスライム→フワフワ、モチモチ、プニプニ

このフワフワモチモチ感を出すポイントが「シェービングフォーム」なのです!

マシュマロスライムはとにかく触り心地が気持ち良いですよ〜♪

スライム作りの前に「ホウ砂水」を用意します

スライム作りに入る前に「ホウ砂水」を用意します。ホウ砂を水に溶かしたものです。

「ホウ砂」は白い粉末で、薬局やネットでも売っています。

★「ホウ砂水」の作り方★

空のペットボトルなどに、ホウ砂4gを入れて100mLの水に溶かします。

1回に使用するホウ砂水はほんの少しですので、余った分は次回に使えます。

●ホウ砂水は飲料水と間違えないように、小さいお子様の手が届かないようにご注意下さい。

●ホウ砂は白い粉末です。ホウ砂水同様、余ったホウ砂も小さなお子様の手が届かない場所に保管して下さい。

マシュマロスライムの作り方の手順

では、早速作っていきましょう♪

①ボウルに洗濯のりを50g測ります。

②次に、シェービングフォームを25g入れます。

③スプーンで混ぜながら、ホウ砂水を少しずつ足していきます。

cocoro
cocoro
ホウ砂水は、どのくらい入れるの?
momo(娘)
momo(娘)
ホウ砂水を少し入れて混ぜてみて弾力が出てくればOK!少しベタベタしていても、ずっと混ぜていると段々まとまってくるよ!

最初は小さじ1程度を入れてみて、足りなければ少しずつ足してみると良いでしょう☆

下の写真のような感じの弾力があればOKです!ボウルの周りにベタベタくっついていても大丈夫。これ以上、ホウ砂水を入れる必要はありません。

暫くコネコネしていると、このようにまとまります↓

フワフワモチモチです!

色付けをするために小分けをします。

(1色のスライムを作る場合は小分けにする必要はありません)

今回は4種類のスライムにするために4つに分けています♪

好きな色の絵の具で色をつけていきます。

絵の具で手が汚れますので、粘土板などの上で作業することをオススメします☆

スライムに絵の具を適量出します。

コネコネします。

お好みの色になるように絵の具の量を調整してください。

↓こちらは、ラメです!キラキラスライムを作ります☆

momo(娘)
momo(娘)
カラーペンでも色が付けられるよ!

水性ペンでも油性ペンでもOKです♪

それぞれお好みの色を付けてコネコネ、コネコネ☆

↓↓↓↓↓

4色のスライムの完成です!

びよ〜〜〜ん

こちらはラメ入りスライムです!

フワフワモチモチの弾力がお分かり頂けるでしょうか♪

粘土が少し苦手な息子も、このマシュマロスライムの感触は好きなようで、ずっと遊んでいます。

 

オマケで娘がこんなものを作りました!

色々なものが作ることが出来て楽しいですよ♪

マシュマロスライムの作り方★まとめ

以上、マシュマロスライムの作り方をご紹介しました!

最後にマシュマロスライムについてもう一度(*^_^*)

●マシュマロスライムのフワフワモチモチの秘訣はシェービングフォーム!

●簡単!混ぜるだけ!

●自分好みの色やラメ入りのマシュマロスライムが出来る!

●粘土の感触が苦手なお子さんでもフワフワスライムで遊べるかも?!

小さなお子さんがいるご家庭ではくれぐれもスライムと材料の取り扱いにご注意の上、行って下さいm(._.)m