生活・暮らし

お風呂のボトル類の収納はラックで吊り下げがおすすめ|カビ予防に効果抜群!

お風呂掃除って、実は主婦の「面倒な家事ランキング」の上位に位置しています。

浴槽や床、天井などカビの繁殖が気になるところではありますが…

cocoro
cocoro
シャンプーなどのボトルの底のピンク汚れ、気になりますよね!

お風呂場の中のシャンプー台に置きっ放しにしていると、いつの間にか底にできるピンク汚れ。

見るとイラっとしますよね(笑)。

というわけで、我が家ではお風呂のシャンプーなどのボトル類の収納はラックを利用して吊り下げています!

そうすることで底のピンク汚れの悩みから解放されたので、今回は我が家のお風呂場のボトル類の吊り下げ収納についてご紹介します。

お風呂のボトル類~底のピンク汚れ問題~

お風呂場はどうしても湿気が多く、カビが気になりますよね。

バスタブは毎日洗うとしても、床の隅や見落としがちな天井などなど。

でも、「あ。そういえば・・・」と久しぶりにシャンプーやボディソープのボトルを逆さまにしてみると、ピンクの輪・・・_| ̄|○

ということ、ありますよね。

こんな感じ↓(汚いものをお見せしてすみません…)
お風呂ボトルの底のピンク汚れ

 

我が家でもピンク汚れに気づくと古い歯ブラシで掃除したりしていたのですが、やはり面倒なので、そもそもこのピンク汚れを防ぐ方法はないものか、と考えました。

やっぱりシャンプー台に置きっ放しにしているからピンク汚れが付くので、

吊るして収納すればいいのでは・・・?

という結論に。

調べてみると、最近は便利グッズがたくさんあったので紹介していきますね!

スポンサーリンク


お風呂のボトル類の収納~吊り下げグッズ~

お風呂で使える“吊り下げ収納”のためのグッズ、100均でも様々なものがあります。
今回は100均のセリアで調査。

シャンプー

シャンプーボトル用のハンギングフック。ボトル口の大きさ《約3.2㎝》を確認する必要がありますが、これで吊り下げ収納すれば底のヌメリやピンク汚れから解放されます!
シャンプーボトルハンギングフック

泡タイプのボディソープ

なんと泡が出るポンプタイプにも対応!こちらはボトル口の大きさ《約4.2㎝》ですね。サイズが合えばボディソープにも使えて◎。
泡タイプのボトルハンギングフック

クレンジング

さらにクレンジングオイル用もありました。こちらのボトル口の大きさは《約2.4㎝》。手や顔が濡れてもいいタイプのクレンジングオイルを使っている方に便利ですね。
クレンジングオイル用ハンギングラック

 

こんなに便利なグッズが100均で買えるなんてとても助かるのですが・・・

我が家では以前、お風呂の壁に取り付けるタイプのホルダーを使用して失敗した過去があります。

次からその失敗談を詳しくお話していきますね。

シャンプーボトル吊り下げ収納の失敗談

このハンギングフックやホルダーは前述したように、ボトル口の大きさを確認してから購入するのは基本なのですが、この大きさを確認してから購入しても、失敗したことがあります(>_<)

過去にシャンプーボトルを吊り下げ収納にしようということで、以下の様な商品を購入しました。
シャンプーボトルホルダー

ハンギングフックではなく、壁面収納タイプのホルダーです。
壁に貼り付けた保護シートのホルダー部分に、シャンプーのポンプボトルの首をかける構造でした。

これならポンプの底が汚れず、衛生的に使用できると思い購入して使い始めたのですが・・・

ボトル口の大きさは問題なかったにも関わらず、使っているうちにシャンプーボトルの中にお湯が入り込んでしまいました(>_<)

普段使っているシャンプーがだんだんと水っぽく薄くなっていってしまい…。

お湯が入り込んだシャンプーボトルは衛生的にも良くない、ということですぐに撤去。

これはシャンプーボトルの吊り下げ収納は無理なのかな、と半ば諦めかけたときにいいアイデアが浮かびました!

それはラックです\(^_^)/

お風呂のボトル類の収納に使えるラック!

実はコレ、子ども達が小さい頃にお風呂のおもちゃを遊び終わった後に入れる“水切りカゴ”なんです。
水切りラック

このラックにシャンプーなどのボトルを入れて吊り下げて収納すれば底にピンク汚れが付くこともありません!

浴室の天井に渡っている物干しポールに吊り下げれば、こんな感じで水切り完了\(^_^)/
浴室の水切りラック

これならボトル口の大きさを気にすることもなく、シャンプーボトルにお湯が入ってしまうこともなく、底にピンク汚れが付くこともありません♪

家族の中でお風呂にいちばん最初に入った人がラックからボトル類を出し、シャンプー台に置いて使い、最後に出る人(私か主人)がラックにボトル類を入れてから出る、というルールになっています(笑)。

お風呂を出る際にラックにボトルを収納するのが手間ではありますが、底のピンク汚れにイラっとしながら、ボトルひとつひとつ古い歯ブラシで掃除することを考えたら全然苦になりませんよ(笑)。

この方法にしてから、ボトルの底はいつもきれいなまま!気持ちいいですっ(^▽^)

おすすめですよ~♪
 

いろんなタイプのラックがあるよ

我が家のラックはお風呂のおもちゃ入れだったので、大きいのですが、以下の様に色々な大きさや種類があるのでお好みで選ばれるといいと思います。

 

100均のラック&結束バンドという、ナイスなアイディア!

 

やっぱりステンレス製が錆びにくくて衛生的ですね。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Takako.T (@yunoah_s_ark) on

 

番外編:チューブ類の収納

ちなみにボトルではなく、チューブタイプのものはステンレスの洗濯ピンチを利用しています。

↓こちらもセリアで購入しました。(4個入り)
ステンレス洗濯ピンチ

こんな感じ。極端に重くなければ洗面器もいけます。
チューブ類と洗面器の収納

 

こういう風にボトルやチューブ類も床に置かない工夫をするだけで、底のヌメリの心配から解放されます!

お風呂のボトル類の収納~まとめ~

以上、『お風呂のボトル類の収納はラックで吊り下げがおすすめ|カビ予防に効果抜群!』をご紹介しました。

子ども達が小さい頃使っていた「おもちゃの収納カゴ」が、シャンプーボトルの水切りラックとして再利用できるとは!すぐに捨てなくて本当に良かったです。

これから特に梅雨などはジメジメとした嫌~な季節になりますが、こういった便利グッズを利用して、どんどん浴室のお掃除を楽にしていきたいですね!